主観客観

最新調査結果はこちら

言い伝え

2012年4月4日

 株価が急上昇している。リーマンショック後、長らく低迷していた株価は世界的な金融緩和をきっかけに反転し、日経平均株価は1万円を超えた。同時に円高の修正が進み、輸出企業を中心に業績回復の期待から、1万3,000円台への可能性も語られ始めた。
 しかしその一方で、この上昇相場は欧州、米国、日本と、それぞれ「超」が付く金融緩和を裏づけとした、過剰流動性供給による加熱状態だと指摘する専門家もいる。過去に起きた株式需給の経験則になぞらえ、今後一転して変動するリスクが潜在していると警鐘を鳴らしているのだ。

 ところで東日本大震災で津波による大きな被害を受けた沿岸部に、様々な「言い伝え」があったことが明らかになっている。「ここより下に家を建てるな」、「津波が来たら井戸を見ろ」、「津波てんでんこ」などが石碑に記されている。太古の時代から多くの犠牲者を出した津波に対する警鐘が、石碑によって引きつがれていた。

 そこで、株式市場で語り継がれてきた「言い伝え」を調べてみたら、「仕手株」の世界では事情通と言われた中井戸玲次氏(ペンネーム)の『仕手株辞典』(日本事業通信網)に、いくつかの例えが格言として紹介されている。

 バブル崩壊、ブラックマンデー、リーマンショック、ギリシャ国債危機など、数多くの試練が押し寄せる株式市場だが、格言として生き残る教訓もあれば、現在では当てはまらない教訓など、時代の変化も映し出されてなかなか興味深いものだ。

(J)


今月のトピックス・主観客観に戻る
最新調査結果はこちら

このページのトップへ

このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.