主観客観

最新調査結果はこちら

「いま始める事業承継」第5回

2013年12月4日

 事業承継を成功させるためのコツ2
 〜任せるところは任せる〜

 前回に引き続き、今回も「事業承継を成功させるためのコツ」をお伝えします。
 少々、先の話になりますが、たとえば経営者のみなさんが後継者に会社を引継いだあと最も気になることは、「後継者が会社をしっかり経営してくれるか」です。

 しかし、実はこうした心配から社長を退いた後も、
「つい、あれこれと経営に口を挟む」「なにかと社内にいる」
そんな方が多くいらっしゃるようです。

 先代の存在は、後継者にとって大きなプレッシャーになります。
 「自分のビジョンや会社を変えていきたい思いがあっても、先代が気になり思うようにできない」といった例も聞きます。先代が、会社のため後継者のため、よかれと思ってやることが逆に悪影響を及ぼしてしまうわけです。

 そうならないためには、承継準備の段階から「任せるところは任せる」ことが大事です。
 後継者には、たとえば「部長→取締役→常務→副社長」と徐々に権限を持たせ、社内外の信頼と事業の実績を積ませる。それにより、後継者は自ら経営を学び、成長していく。

 そんな姿をやがて頼もしく思えてきて、少しずつ心配が減り、安心して引き継げるようになるのではないでしょうか。
 後継者にはぜひ着実に段階的なステップを!

-----------------------------------------------------------------
 次回も引き続き「事業承継を成功させるためのコツ3」をお届けします。
 多数の中小企業や支援機関の方々への取材から、TDB REPORTでは書ききれなかったことなども、次回以降ご紹介したいと考えています。

 今コラムの詳細はTDB REPORT122号をご覧下さい。
 〜企業事例が豊富につまった事業承継のテキストです〜

 http://www.tdb.co.jp/lineup/publish/tdbrep122.html

TDB REPORT 編集制作チーム(問い合わせ先:03-5775-3163)


今月のトピックス・主観客観に戻る
最新調査結果はこちら

このページのトップへ

このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.