主観客観

最新調査結果はこちら

なぜPDCAを回せないのか

2016年3月3日

 マネジメントの基本とされる「PDCA」は、「計画を立て(Plan)、実行し(Do)、振り返り(Check)、次はもっと良いやり方をする(Action)」というシンプル極まりない手法だ。しかしこれを「きっちり行えている」と胸を張れる企業・職場は少ない気がする。

 シンプルなものほど奥が深く、また「凡事徹底」が一番難しいのかもしれない。それにしても、戦後まもなく紹介された手法が70年近く経っても真に根付かないのは何故なのだろう。 仕事の現場でよく言われるのは、「P、Dはできても、日々の業務に追われてC、Aまで行うことが難しい」ということだ。だが、専門家に言わせると問題は別のところにあるらしい。

 彼らが指摘するのは、「多くの企業・職場において、そもそもP(計画)が適切に行われていない」という点だ。ちなみに、「一般に計画と呼ばれていて、実は計画ではないもの」には、次のようなものがあるという。
 ・トップダウンによる数値目標の、単なる日割り・人数割り
 ・数値目標があるのみで、それを達成するための行動計画(いつ、誰が、何を、どのように実行するのか)がない
 ・行動計画があっても、それが絞り込まれていない。あるいは実行可能なステップに細分化されていない。したがって、その実施状況や結果を評価することもできない
 ・行動計画が日常業務の中に落とし込まれておらず、別個に実施されるものとして乖離している

 「計画もどき」がまかり通るのは、それでも業務が回っていくからだ。しかし、A(改善)によるスパイラルアップがなければ、人も組織も現状を維持することしかできず、取り巻く環境が変化すればやがて競争力を失っていくだろう。
 そう考えると、「目標」を「計画」化することは、見落とされがちだがきわめて重要なスキルといえる。もうすぐ新年度。まずは自分の「計画もどき」を見直したい。

(KH)


今月のトピックス・主観客観に戻る
最新調査結果はこちら

このページのトップへ

このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.