景気動向調査レポート


リリースデータをご覧になる場合には下の各項目をクリックして下さい 。
   

TDB景気動向調査

 

2015年3月の動向

最新の景気動向調査の詳細はこちら  
設備投資意欲が改善し、景気は上昇基調へ
機械生産関連の伸びが顕著

  • 業界別:自動車輸出の増加で車載用電子機器や工作・産業機械が改善
  • 規模別:広告関連や情報サービスの好調で小規模企業が最大の改善幅
  • 地域別:10地域中9地域で改善、低水準が続いてきた『近畿』が最大の改善

<今後の見通し>
  • 景気予測DI
  1カ月後=46.8(当月比1.0ポイント増)
  3カ月後=47.6(当月比1.8ポイント増)
  6カ月後=48.0(当月比2.2ポイント増)
1年後 =48.2(当月比2.4ポイント増)


TDB景気DI [3Dアニメーション]へ

 

消費税率引き上げによる物価上昇の影響は4月から剥落するため、賃上げが家計の実質所得を上昇させる結果、個人消費が景気上昇のけん引役を果たし、国内景気は緩やかに改善すると見込まれる。

 
 

地域別リリースデータ〔全国10ブロック・47都道府県〕

資料をご覧になる場合は、下記の日本地図の該当部分をクリックしてください

北海道 道東、日胆
東北 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
北関東 茨城、栃木、群馬、山梨、長野
南関東 埼玉、千葉、東京、神奈川
北陸 新潟、富山、石川、福井
東海 岐阜、静岡、愛知、三重
近畿 滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国 鳥取島根、岡山、広島、山口
四国 徳島、香川、愛媛、高知
九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

※リンクは全国10ブロックのみとなっています。
各都道府県など個別の結果は、リンク先のブロックからダウンロードできます。

 
 
 

TDB景気動向調査特別企画

≪2015年度の業績見通しに関する企業の意識調査≫

最新の景気動向調査の詳細はこちら
 
  • 2015年度は約3割の企業が「増収増益」見通しも、規模間格差拡大の懸念高まる
  • 2015年度業績見通し、「人手不足」を下振れ材料に挙げる企業が急増
  • アベノミクスへの評価は平均64.2点

 調査結果集計表

 
 

プレス(マスコミ)の方へ

 
「TDB景気動向調査結果」を毎月発表日に入手ご希望される方には メールにて資料を送付いたします。
e-mailアドレス keiki@mail.tdb.co.jp まで、件名欄に「資料希望」、本文欄には、「貴社名、貴部署名、ご担当者名、TEL、FAX、 〒、住所、e-mail アドレス」 をお知らせ下さい。
 


 

このページのトップへ

 

このサイトについて  サイト利用規定  プライバシーポリシー  免責事項  サイトマップ
Copyright (c) 2002- TEIKOKU DATABANK, LTD. all rights reserved.